コウジ酸

| コメント(0) | トラックバック(0)

肌を白くするのは多くの女性の望みですが、

それをかなえるためにいろいろな美白成分が研究されています。

コウジ酸はその名の通り、麹から見つかった美白成分のことです。

研究のきっかけは、しょうゆ工場の従業員の手が

いつも白くてツヤツヤしている事に気がついたためだそうです。

 

このコウジ酸は、紫外線を浴びた時にもメラニンを作らせないようにしてくれ、

既にできてしまったシミも体外に排出してくれようとする

非常に素晴らしい効果を示してくれます。 

とはいえ、コウジ酸の美白効果というのは、あのハイドロキノンのように

すぐに効いてくれるようなものではありません。

長期間に渡って続けることでしっかりと効果が出て来るので、

地道な継続が美白への道となるのです。

 

またコウジ酸の大きな特徴の一つには、刺激が少なく副作用が

ほとんどないことがあげられます。

その証拠に皮膚科でも肌の弱い人などに

処方されるくらいですから、非常に安心と言えるのです。

 

  

エラグ酸

| コメント(0) | トラックバック(0)

エラグ酸はポリフェノールの一種ですから、

抗酸化作用があります。従ってシミやソバカスの原因である

メラニンの発生を抑えてくれる働きがあります。

そのことが、結果的にシミの改善にもつながり、

美白効果がもたらされるという訳です。

しかもその効果は、あのハイドロキノンと差異は無いと言うから驚きです。

ましてやエラグ酸は天然由来の成分でできていますから、

非常に安全な成分と言えるでしょう。

 

またエラグ酸の抗酸化作用はアンチエイジングだけでなく、

健康面でも非常に有意義といえます。

代謝の向上により、内臓の機能活性化につながり、

ガンや生活習慣病の予防にもなりうるそうで、

このエラグ酸は非常に興味深い成分なのです。

 

リノール酸S

| コメント(0) | トラックバック(0)

リノール酸というと健康的な食用油のイメージがあります。 

もちろん原料が紅花油ですからその通りなのですが、

リノール酸Sというのは、サンスターが開発した美白成分なのです。

もちろん認可が下りている信頼性の高い成分です。

そして、植物由来ですから、肌に直接塗るコスメにはもってこいなのです。

 

 

元来、リノール酸は、浸透性が高く、一気に真皮まで到達してしまい、

美白効果にはつながりませんでしたが、このリノール酸Sは、きちんと

メラノサイトに有効成分がとどまってくれて、メラニン生成を抑制してくれるのです。

それによりシミを予防し、余計なメラニンを肌の表面に排出してくれるという

働きをしてくれるのです。

 

トラネキサム酸

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラネキサム酸それ自体は昔からあり、歯茎の出血や炎症を

抑えるための薬や、薬用の歯磨き粉などに良く使用されていました。

ところが、近年になり、美白効果がある事が検証されたため、

美白コスメに使用されることが増えてきました。

ですから、コスメ製品では、このトラネキサム酸は

比較的新しい成分という事になります。

 

その美白効果の中でもこのトラネキサム酸が、

非常に効き目が高い言われているのが、

「肝斑」の改善や予防の効果です。

この肝班は、プラスミンと呼ばれる物質が分泌されることが原因ですが、

この物質がなんとメラニンを合成するメラノサイトを活性化させてしまい、

肝班ができてしまうのです。

そのプラスミンを抑制してくれるのが、このトラネキサム酸というわけです。

副作用もほとんどないのも嬉しいところですが、

止血剤としても使われる成分ですから、

当然ながら血栓症の人は、使うのは止めた方がいいでしょう。

 


シムホワイト377

| コメント(0) | トラックバック(0)

美白コスメを語る上で、このシムホワイト377という成分は、

現在、外すことはできません。

何故なら、このシムホワイト377は、現在、最も美白効果が高いと

言われている成分だからです。

以前は美白効果の代名詞は、ハイドロキノンでしたが、

刺激が強く、副作用の面も考慮する必要があるので、

少し問題点が残っていましたが、

このシムホワイト377は、原料は全て植物由来で

肌への刺激が少なく、肌に優しいのに、

ハイドロキノンの2000倍もの美白効果といわれています。

 

しかし、まだ開発されて間もない成分で、

このシムホワイト377を配合しているという美白コスメは、

まだまだ少ない状況です。

今後、沢山の種類が出て来ることで、

価格も下がってきて、使いやすいものとなる事を期待しましょう。

 

 

プラセンタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

プラセンタは非常に注目されている成分で、

ここで紹介する美白コスメなどの成分だけだなく、

様々な分野で配合されることが増えている成分です。

 

プラセンタと言えば、ズバリ胎盤のことです。

プラセンタエキスというのは文字通り、

胎盤の中から抽出した栄養素を指します。

胎盤は胎児を育てるのに必要不可欠な成分が

たくさん含まれています。

ですから、様々な効能が認められているのです。

 

どんな効果があるかというと、まずは美白作用、

それから保湿作用やコラーゲン生成による肌の改善。

またメラニンの生成も抑制、更には血行が促されるため、

新陳代謝がよくなり、アンチエイジングの効果。

そして、できてしまった、シミ、シワ、ソバカスといった、

悩みにもきっちり答えてくれる素敵な成分なのです。

 

ハイドロキノン

| コメント(0) | トラックバック(0)

ハイドロキノンといえば、美白成分として非常に有名です。

ですから、美白コスメと呼ばれる商品には、

かなり含まれていることが多い成分です。

このハイドロキノンは、メラニン色素の生成を

阻止してくれる働きがあることから、

できてしまったシミやシワにも効果があります。

何でも美白効果は、ビタミンCの100倍だそうです。

 

しかし、気をつけなければいけないのが、

その効き目の強さで、濃度を濃くしてしまうと

副作用リスクが高まってしまいます。

何せ濃度が5%以上ですと、医薬品として扱われるくらいですから。

ですから、コスメとして出回っているのは、

だいたい2~4%くらいの濃度の商品です。

しかし、濃度が薄いからといって、大量に塗布してしまうと、

肌が白くなりすぎてしまうといった肌トラブルが

引き起こされる可能性がありますので、

注意が必要な成分でもあります。

 

 

ルシノール

| コメント(0) | トラックバック(0)

注目の成分のルシノールはどんな成分なのでしょうか。

このルシノールは昔からある成分ではなく、

ポーラ化粧品が多額の費用と約10年という年月をかけて、

開発した医薬部外品の成分で、

美白という観点からすると、大変有用な成分なのです。

このルシノールの素は、シベリアにあるモミの木に

含まれる成分からつくられているそうで、

改良に次ぐ改良の結果、効果絶大の美白成分として知られています。

 

そして同じように美白効果のあるハイドロキノンと似ていますが、

副作用の心配が無いくらい、安全性が高い成分で、

今後も美白コスメなど、様々な製品に使われていくようです。

 

ビタミンC誘導体

| コメント(0) | トラックバック(0)

肌にいいと言われているビタミンC誘導体とは、

一体どんなものなのでしょうか。

いわゆるビタミンC誘導体というのは正式な名称ではなく、

ビタミンCの欠点を補う事に成功したもののことだそうです。

 

 そもそもビタミンCが肌にいいとは、どういう効果なのかというと、

色素沈着を防いでくれたり、メラニン色素の抑制などの働きをする

非常に優れた成分ではありますが、

いかんせん、安定性が今一つだそうで、

熱や光で壊れてしまって、肌の中へ浸透しずらくなるらしいのです。

 

そこで、様々な研究の結果、安定しなおかつ、浸透力も高くなったのが

ビタミンC誘導体と呼ばれるものなのです。

現在、水溶性のものと油溶性の物とがあり、

用途に応じて美白コスメをはじめ、

様々な商品に使用されています。

 

アルブチン

| コメント(0) | トラックバック(0)

美白コスメに必ずと言っていいほど入っている成分が

アルブチンです。

このアルブチンはコケモモやウワウルシの葉っぱなどの

植物に含まれている、天然の美白成分です。

 

 このアルブチンは、様々な皮膚トラブルの原因ともなっている

メラニンの生成を抑えてくれるというありがたい性質を持っていて、

なんとビタミンC誘導体より、効果が高く、

ハイドロキノンよりも短期的な効果は少ないものの、

刺激が少ないということもあり、安全性という側面から

非常に注目されていて、使用されている成分と言えるでしょう。