ビタミンC誘導体

| コメント(0) | トラックバック(0)

肌にいいと言われているビタミンC誘導体とは、

一体どんなものなのでしょうか。

いわゆるビタミンC誘導体というのは正式な名称ではなく、

ビタミンCの欠点を補う事に成功したもののことだそうです。

 

 そもそもビタミンCが肌にいいとは、どういう効果なのかというと、

色素沈着を防いでくれたり、メラニン色素の抑制などの働きをする

非常に優れた成分ではありますが、

いかんせん、安定性が今一つだそうで、

熱や光で壊れてしまって、肌の中へ浸透しずらくなるらしいのです。

 

そこで、様々な研究の結果、安定しなおかつ、浸透力も高くなったのが

ビタミンC誘導体と呼ばれるものなのです。

現在、水溶性のものと油溶性の物とがあり、

用途に応じて美白コスメをはじめ、

様々な商品に使用されています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dualfaces.com/mt/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、imagineが2011年12月27日 04:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アルブチン」です。

次のブログ記事は「ルシノール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。