怖ろしい日焼け

| コメント(0) | トラックバック(0)

日焼けが肌に良くない事は、誰でも知っています。

しかし、以前は小麦色の肌が美しい時代がありました。

今から思えば、なんとも恐ろしい時代でした。

 

 

何故日焼けが良くないかというと、

簡単にいえば、日焼けはやけどだからです。

人間の皮膚の働きとして、外部からの熱や紫外線を守るために

メラニン色素を作り出して、戦っている訳です。

つまり、日焼けをするという事は、

自分の皮膚を傷めつけて、無理矢理戦わせるという事なのです。

そう考えると、自分の皮膚に対して申し訳なくなりますね。

ですから日焼け対策と美白成分の含まれている美白コスメで

しっかり肌を守っていきましょう。

早く取りかかれば、それだけ早くきれいになるのですから、。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dualfaces.com/mt/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする

このブログ記事について

このページは、imagineが2011年12月25日 07:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メラニンをやっつける」です。

次のブログ記事は「ソバカスだって諦めない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。